無添加シャンプーの特徴-無添加シャンプー

シャンプー大百科

一般的なシャンプーには、合成界面活性剤や植物性油脂などが含まれています。

石鹸シャンプー

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

無添加シャンプー

無添加シャンプーの特徴

アルコール系シャンプー含まれる成分は、植物性油脂、鉱油由来の合成界面活性剤となっており、頭皮や身体への影響が懸念される成分です。これらの成分は、皮下に蓄積されると、稀に内臓疾患やアレルギー症状を訴えることもあります。アミノ酸系シャンプーにおいても、合成界面活性剤が含まれているので、同様のことが言えます。

これらに比べて、無添加シャンプーは、石鹸系なので石油化学物質を成分としていません。界面活性剤として働く、脂肪酸ナトリウムで皮脂が気になる人でも、さっぱりとした使い心地です。そして、天然由来成分配合の無添加シャンプーは、人体のみならず、環境への影響も極めて少ないと言えます。身体や環境の面でも、無添加シャンプーを選ぶことをおすすめします。体に直接つけるものですから、安心できるということは、優先して選びたいものです。


お気に入り登録

人気シャンプー/p>

アロマシャンプー

頭皮・毛穴・お肌のことを考えたアロマシャンプー。●高価な無添加シャンプーをお使いの方●石油系シャンプーを使いたくない方●敏感肌でシャンプーがお肌に負担がかかってしまう方●抜け毛や薄毛が気になる方、~お客様の声急増中です。シャンプー変えたらお肌までキレイになったという方も!※合成のもので頭皮やお肌がかゆくなる方ぜひお試し下さい。

ゲルファミリー アミノシャンプー

アミノ酸の中でも最も刺激の少ない成分が主成分です。地肌をいたわりながらしっかり洗える低刺激処方髪の水分を保つために重要な役割を担っているのはキューティクルですが、そのキューティクルの保湿成分がアミノ酸なのです。つまりツヤがなくパサパサした髪は、キューティクルが何らかのダメージを受け、アミノ酸量が減っているこが原因なんですね。だからアミノ酸で洗うことに意味があるんです。

プロピア プログノ126EXシャンプー

アミノ酸系洗浄剤を中心とした弱酸性シャンプー「プログノ 126シャンプー」をベースに、ステビア発酵エキス、ナノ化スフィンゴミエリンの二つの成分を配合したこれまでに類がない贅沢なシャンプーです。ステビア発酵エキスは日本で初めてシャンプーに配合された成分です。パラグアイ原産、無農薬栽培のハーブ「ステビア」を独自の発酵法により生産・精製されたステビア発酵エキスはシャンプーをするとまず、このエキスが頭皮に作用し、頭皮のカユミを抑えます。

Copyright 2009-2013 シャンプー大百科 All Rights Reserved.